https://open.spotify.com/embed/album/5p59BCQuT0r9O2syVIyOPm

俺とロックT。ロックTはコミュニケーションツールである。

あらすじ

絶対に捨てられないコレクションが、そこにはある。

めったにジブンのことを「俺」って言ったりはしないんですが、今回あえて使ってみたヤモヲです。

コロナ禍でヨメが在宅勤務になってからというもの、我が家に断捨離ブームが到来しており、その煽りを受けていろんなものが捨てられていきます。

以前も書いた顔ジャケコレクションもそのターゲットにされていましたが、なんとか死守。

そして今度は、これまた捨てられない「ロックT」コレクションが槍玉に挙がっているワケです。

これも「俺」としては絶対に捨てられないコレクション。

実際には、ほとんどが着れないんだけれども。

ヨメ

着れなくなったやつは捨てて

とさらに圧力がかけられ、さて、今回はどうやって逃れよう。

いちおう、クローゼットから引っ張り出してきて、「整理整頓した」ということにして、またどこかにしまい込んだろ。

という作戦でいこうかなと。

ロックTは、コミュニケーションツールである。

説明は不要かと思いますが、「ロックT」とは、アーティストのロゴやアルバム名などが入ったTシャツのことです。

「俺」の中では、音楽を感じるTシャツはすべてロックTだと思ってます。

好きなバンドのTシャツを着て外にでかけるときは、いつも気分がソワソワしています。

なぜかというと、ロックTを着るということは、

ヤモヲ

俺、このバンド好きなんだぜ

って、自分から告知しているようなもので、

ヤモヲ

このバンド、カッコいいだろ?

って、同意をもとめながら、

ヤモヲ

このバンドが好きな人と仲良くなりたいです(ハート)

って、「MUSIC MAGAZINE」の文通コーナーにハガキを出すくらいのキモチで、ロックTを着て街を歩いているからです。

このカンジ、Twitterと同じですよね。

「この曲好きなんです」ってツイートみたら、ついついリプしたくなりません?

ということは、ロックTもある意味コミュニケーションツールだと思うんです。

実はかれこれ4、5年ほど前に、実際に経験したことがあります。

出演するはずもない「フィッシュマンズ」のTシャツを着てフェスに行った時のこと。

喫煙所でタバコを吸っていたところ、同じTシャツを着たカンジの良さそうなお兄さんが寄ってきて、

「フィッシュマンズ、いいですよね」

って話しかけられ、

「ですよねー」

から始まった会話が、まるで旧知の友人と話してるように盛り上がり、別れ際には2ショットの写メまで撮りました。

その時、その人はたぶん、

「あ、フィッシュマンズTシャツ着てる人がいる。」

「自分もフィッシュマンズの音楽が好きだ。」

「ちょっと話しかけてみようかな。」

って、近寄ってきたんじゃないかと。

つまり、ロックTを着るということは「音楽を着ている」ということなんだと思います。

音楽の趣味から、その人の好みとかライフスタイルとか、なんとなく想像できませんか?

例えば、ヘビメタのTシャツを着てる人だと、車の中でメタリカ聴きながらヘドバンしてるところを想像したり、

ビートルズのTシャツ着てる人には、日曜日にコーヒー飲みながらギター弾いてるところを思い浮かべてみたり。

偏見といえばそれまでですが、そのTシャツから流れる音楽が好きな人物像を勝手に想像して、

「なんか、友達になれそう」って思うきっかけを生み出すのが「ロックT」だと思うんです。

といいつつも、外見も大きなメタファーであることは間違いないですが。

例えば、ギャルソンの「PLAY」Tシャツを着ている人、はたまた、アニエスのロゴTを着ている人に遭遇した時、

「わたしもギャルソン好きなんです。お話ししませんか?」

とはならないだろうし、それがadidasだったとしても同じ。

ロックTは、そのTシャツから流れる音楽を介して、その人のなーんとなくの人と成りが想像できてしまう。

また、そのTシャツの希少性が高いほど、その度合いは増します。

で、この人とは趣味が合うかもしれない、と思うこともあれば、その逆もありうる。

たまに、ネタとしてロックTを着ている人とか、たぶん、知らないけど着ている人とか、いますよね。

例えば、ニルヴァーナのアレとか、ヴェルヴェッツのアレとか。

でも、そういう人は全体の雰囲気でわかります。

ということで、ライブやフェスに行ったときは必ず物販に立ち寄って、好きなバンドのTシャツを買うことにしています。

そして、ロックTを着て街にでかけることを、ささやかな愉しみにしています。

あ、ここまで書いておきながら言うのもなんですが、

「友達のいないヤバい人」みたいになってません? (汗)

俺のロックTコレクション

ということで、村上春樹「村上T」の足元にも及ばないですが、せっかく整理したので、

「俺」のロックTコレクションをまとめておこうと思います。

結婚のタイミングで、独身時代の着れなくなったモノはほとんど捨ててしまいましたが、現存するそれぞれのTシャツを買った時期やシチュエーションって、案外憶えているもんですね。

フェスで MOUSE ON THE KEYS の演奏を聴いて、あまりのカッコよさに衝撃を受けて即買いしたTシャツ。
MOUSE ON THE KEYS のツアーで購入。鏡の前で自撮りするとちゃんと読めるようになるオシャレデザイン。
「残響レコード」代表の河野氏のバンド「té」。同レーベルツアーで、タイポグラフィにひとめぼれして購入。
インスト・ロックバンドの雄、LITE。tera melosの初来日ツアーの時に購入。
ブランキーのライブには必ずこれ着て行ったなぁ。ヨレヨレ&黄ばみがすごい。右裾には「DIJのピストル」のフレーズ。
山本精一さん率いるROVO。野音のMDT FESTIVAL 2008 にて購入。ROVOのライブには必ずこれを着て参戦。
みんな大好き、toe。MDT Festival 2008 のゲストで出演したときに購入。お気に入りで普段でもコレばっか着てた。
こちらも、toe。当時、客演含め来名の時は必ず行っていたので、どこで購入したか思い出せず。
これまた、toe。「For Long Tomorrow」リリースツアーの時に購入。この頃からチケットがとりずらくなった印象。
toeばっか(笑)。お台場「NEUTRALNATION 2010」で購入。クラムボンとの「reflection eternal」が忘れられない。
ヴァイオリン・インスト・トリオ、sgt.。ヨメもハマって、京都メトロまで衝動的に観に行ったときに購入。
EGO-WRAPPIN’の「色彩のブルース」リリースツアーで購入。その当時のヨシエちゃんのかわいさったらもう!
LITTLE TEMPOがトリの岐阜の山奥のフェスで購入。このフェスで、ヨメに出会いました(照)
インプロバンド、Nabowa。名古屋栄のフリーライブで購入。それ以降ずっぽりハマる。
シネマティック・インストバンド、L.E.D。「Light Emitting Diode」リリースツアーで購入。
地元では知らない人はいない伝説のローカルフェス「OTONOTANI」の最後の年に購入。再開を切望します。
LITLE CREATURES、星野源、細野晴臣さんが出演した「Springfields’11 名古屋」のTシャツ。すごいメンツ。
Polaris「MUSIC」リリースT。森道市場で購入。フィッシュマンズの面影を純粋に感じるバンド。
この中では一番あたらしい、20代の頃から大ファンの、SILENT POETS 下田さんのブランドTシャツ。
ご存じSONIC YOUTH「goo」のジャケT。かなり前に、レコードと一緒にJET SETで買ったような。
伝説のUSパンク・ロックバンド、RAMONES。’95の奇跡のジャパンツアーで購入。思い出すだけで目頭が熱くなる。
VUの名盤「White Light/White Heat」。ネットで購入。ヴェルヴェッツといえばバナナだけど、あえてコレ。
BECK Mustache Tシャツ。BECKにハマっていた頃、ネットで購入。
ACID JAZZ全盛のころ、プレスティッジ・レコードから復刻版のリリースが相次いでたときにレコ屋で一緒に購入。
フィッシュマンズの初代「I’M FISH」Tシャツ。コレ着てライブに行きまくっていた頃を今でも思い出す。
2005年の「THE LONG SEASON REVUE」で購入。佐藤さんのいないフィッシュマンズに泣いた夜。
DVD「Fishmans in SPACE SHOWER TV EPISODE.1」のセット品。
2010年のブランドが終息するニュースが席巻したときに、思わず購入。復活できてよかったね。
ロッキング・オンの「ROCK AND ROLL」パーカー。カッコよくなるかダサくなるかは着る人による。
エクスペリメンタル・ジェットセットのビートルズTシャツが流行ったときに購入。なにしろ、Futura好きなもので。
音楽ではないけど、ヌーベルバーグつながりで。ジブンでデザインして、「Tシャツくん」でつくったゴダールT。
ムスコが3歳の時に購入。コレ着せてフェス連れて行ったら若い子たちから「かわい〜」って言われた。
これもムスコに最近買ったTシャツ。SONIC YOUTHのパクリ?カートはわかるけどボーダーはわからない。

つまり、ロックTには思い出がいっぱい。

「俺」のロックTについて、うだうだと自論を語ってみましたが、

要するに、「ロックTには思い出がいっぱい詰まってる」ということなんです。

だから捨てられないんです。わかってください…。

という体でヨメを説得し、なんとか断捨離の魔の手から守るぞ!

ロッキュー!

ではでは。

あ、この本、おススメです。

¥1,980 (2021/10/19 11:57時点 | Amazon調べ)
\ブラックフライデー開催中!/
Amazon

\ このページで使用している元イラストはコチラ /

Linustock(ライナストック)
アゲアゲDJ の無料イラスト素材 - Linustock(ライナストック) 「アゲアゲDJ 」の無料(フリー)線画イラスト素材はLinustock(ライナストック) にお任せください。会員登録不要で加工、一部商用利用OK!オシャレでシンプルで加工も簡単...
シェアしていただけるとうれしいです^^
あらすじ
あらすじ
閉じる